水郷支線

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

彼岸花とDE10

IMGP0021_201309300009442a0.jpg

稲作の終盤と並行し、水郡沿線には彼岸花が咲き乱れていました。

死人花など不吉な異名もある花が、その姿はとても美しいものですね。

赤い花に赤い機関車のDE10がとてもマッチしてくれました。


9/29 単9891レ 水郡線にて
スポンサーサイト

| 西金工臨 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9/29 西金ホキ配給

今日は友人から西金ホキの入場配給がありそうだと連絡をいただいたので、水郡線へ
スクランブル出動してきました。


IMGP0012.jpg
配9333レ DE10-1697+ホキ4B

定期検査を受けに県境を越えて郡山へと向かう。


出場は何回か撮影しましたが、当日配給の入場は初撮影となりました。

やはり重量物を載せるせいか、ホキの検査周期は短い気がしますね。
まぁいつも知らぬ間に配給されている事が多いのですが(笑)

| 西金工臨 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

稲掛けとDE10その2

IMGP9996.jpg

国鉄時代の風景と共に、現代を駆け抜けるデーテン。


あまりモノクロでは撮影しないのですが、たまにはデジタル加工で遊んでみました。

カラー写真が当たり前となった現代、色があるからこそモノクロが輝く…

そんな昔ドコかで見かけた言葉を思い出させてくれました。
まぁカラーよりしっくりくるのは被写体のおかげかな…?(笑)


9/23 単1890レ 水郡線にて

| 西金工臨 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

稲掛けとDE10

いよいよ稲作も終盤の季節。
稲刈りを終えた田んぼには、稲を干すための稲掛けが作られ始める。

近年では乾燥機の流通で、手間や時間のかかる稲掛けはあまり見られなくなってきている
ようです。
そんな日本の原風景を水郡線では、まだまだたくさん見ることができます。


IMGP1678.jpg

黄金の稲穂と共に稲掛けが作られ始めた水郡沿線。
変わり行く季節の風景の中をデーテンが行く。


9/18 単9891レ 水郡線にて

| 西金工臨 | 17:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9/23 西金工臨返空

今日は西金工臨の返空がありそうだったので水郡線へ行ってきました。


IMGP9995.jpg
工1891レ DE10-1603+ホキ8B

水郡沿線も稲刈りが進み、7割りほどが刈り終わっていました。
はさかけと絡めて撮影したかったのですが、ホキが長すぎて微妙だったので
いつもの場所にて(苦笑)

永らく水戸常駐だった1654に換わり、1603が来てくれました。
先日、佐倉工臨で1604を撮影しましたが、まさか同時期に1番違いのデーテンを千葉と水戸で見られるとは思いもしませんでした(笑)

| 西金工臨 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9/20 佐倉工臨


IMGP9990.jpg
工9383レ DE10-1604+チキ4B

2段積みのレールを引き連れ、深夜の総武本線を目指す。

先週の蘇我工臨と同じく1604の登板!
最近はスノープロウ装備のデーテン率が増えてきていますね。

先日1202が大宮へ送られたりと残念なニュースもあり、千葉常連機を見かけなくなるのは寂しくもありますね…

| 佐倉工臨 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9/18 ひたちなか海浜鉄道

今日は旬のネタを撮影しに、ひたちなか湊線へ行ってきました。
狙いはもちろん巷で話題のキハ2005!

団臨がきっかけで、通称“ヒゲ”が生えた島原鉄道風の顔となって走っている同車。
運行期間は未定で、ステッカーが剥がれるまで!
いつ終わるか分からない運行期間…じゃぁいつ撮る?

今でしょ!

という少し鮮度落ち気味のネタを思い出しつつ、夜明けと同時に現地入りしました(笑)


IMGP1653.jpg
114レ キハ2005+205

国鉄コンビで手を組み、朝ラッシュへ向かう。


最初に来たのはキハ3710の2連で、運用に入っていないのかな?と、不安に思いながら次の便を待つと…

なんと国鉄型2連の、まさにゴールデンコンビでした!
メインのキハ2005は勝田方の増結運用だったので撮影地に苦労しましたが、なんとかモノにすることが出来ました(^^

果たしてヒゲは、いつまで抜けずにいてくれるだろうか…?
気になっている方はお早めに。

| ひたちなか海浜鉄道 | 18:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蘇我工臨 ロングレール取り卸し現場

前日の蘇我工臨の続きです。
今回の現場は運良く地上区間だったので、取り卸し現場へと向かいました。

あらかじめ予想していたポイントへ向かうと、すでに保線の方たちがスタンバイ!
ほどなくしてDE10+ロンチキが到着し、いざ現場作業へ。


IMGP1609.jpg

終電を終えた線路に煌々と作業灯が光る。

ちょうど目星を付けていた陸橋の目の前に停車したので、準備風景をじっくり見学する事が
出来ました(^^
やはりロンチキの取り卸し現場は光源のレベルが違いますね!

準備が完了し、いよいよレールがゆっくり卸され始めました。



IMGP1575.jpg

レールの継ぎ目に差し掛かり、作業員の方たちにも緊張が走る。


上記の陸橋から離れてしまったので線路脇の公園から撮影を試みるも、フェンスがあまりにも
高すぎて思うように撮影できませんでした(汗)
さらに今回はレール4本のみだったので、約30分程の早業で作業終了となりました。

今回でロンチキの現場は4回目の撮影になりますが、やはり深夜の現場撮影は難しいですね。
まだまだ修行が足りない…!


9/14 工9288レ DE10-1604+ロンチキB編成
総武快速線にて

| 蘇我工臨 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9/13 蘇我工臨

昨晩は蘇我ロンチキ工臨があるという事で、久々の深夜出勤へ。


IMGP1545.jpg
工9287レ DE10-1604+ロンチキB編成

終電間際の津田沼に現れたロングレールチキ。


千葉管内では久々のロンチキでしたが、今回はスノープロウ装備のDE10-1604が担当!
越中島以外でこの組み合わせは初めてかもしれませんね(^^

ご一緒いたしました常連の皆様、撮影お疲れさまでした!

| 蘇我工臨 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

矢祭山俯瞰

今回のメインとして計画していた矢祭山の俯瞰ポイント。
実は去年も挑戦したのだが、見事に曇られてしまい1年越しのリベンジに燃えていました。


IMGP1474.jpg
工9894レ DE10-1654+チキ2B
水郡線の山間を行くチキ工臨。

残念ながらリベンジは新たなリベンジで上書きとなってしまいました…

アウトドアで撮影する者にとっては仕方のないことですが(苦笑)
その分、最高のロケーションで決められた時の感動は格別なのですがね(^^


9/9 水郡線にて

| 磐城石川・常陸大子工臨 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

磐城石川工臨返空

現場作業後は、水戸への返却を狙います。


IMGP1484.jpg
工9894レ DE10-1654+チキ2B
2日間の工程を終え、水戸へ帰還するチキ工臨。



IMGP1490.jpg
工9894レ 同上
返却は西金工臨と同スジだったので、定番の後台へ追っかけて撮影終了。

当日ご一緒しました同業者の皆様、お疲れさまでした!


9/9 水郡線にて

| 磐城石川・常陸大子工臨 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

磐城石川工臨レール取り卸し現場

いよいよ取り卸し現場へ到着し作業開始です。

白昼に行われる事で有名な水郡線の工臨。
今回の現場は磐城石井となりました。


IMGP1442.jpg
せーの!
デーテンのエンジン音と共に、男たちの熱き声が響く。



IMGP1430.jpg
秋空の下、黙々と作業は続く。



IMGP1465.jpg
山越し器を巧みに使い、次々に卸される。



IMGP1461.jpg
卸す時は慎重に…
限られた時間の中、迅速かつ安全に卸される。


40本以上あったレールも1時間ほどで卸し終わりました。

最後に貴重な現場作業を見学させていただいた、保線さんにお礼を言って次の撮影へ。


9/9 水郡線にて

| 磐城石川・常陸大子工臨 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

磐城石川工臨復路

前回の続きです。

磐城石川で機回しを行い、いざ現場へ向かいます。


IMGP1491.jpg
工9894レ DE10-1654+チキ2B



IMGP1492.jpg
工9894レ 同上

色付く稲穂を横目に、取り卸し現場へ急行!


9/9 水郡線にて

| 磐城石川・常陸大子工臨 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9/9 磐城石川工臨往路

今日は毎年恒例の水郡チキ工臨こと、磐城石川工臨の撮影に行ってきました。


IMGP1389.jpg
工9893レ DE10-1654+チキ2B

普段はなかなか通らない大子以北の久慈川を行くDE10チキ工臨。


磐城石川工臨を撮るのも、大子以北へ行くのも丸々1年ぶり。
前日の雨のおかげか、清々しい青空の下で撮影することが出来ました(^^

次回からは往路~現場などを上げる予定です。

| 磐城石川・常陸大子工臨 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9/7 鹿島臨港線

今週は珍しく土日休みでしたが、生憎の天気…
遠征する気も起きず、近場でブラブラしてきました。


IMGP1350.jpg
単269レ KRD5

鹿島宇宙センター脇を行くDD13形機関車。


近場という事で、鹿島臨港線へ。
最近、全検を出場したDD13モデルのKRD5が来てくれました。

午後になり天気も回復!
古びたディーゼル機関車と宇宙センターのパラボラアンテナというミスマッチな組み合わせの
鹿島臨港線でした(笑)

灯台もと暗し。
近場にも意外と魅力的な機関車が走っていたりしますね。

| 鹿島臨港線 | 19:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

常陸大子で眠る老車

しばらく撮影に出ていなかったので、水郡ゆうの時に撮影したスナップでも。

常陸大子の駅前には、かつて水郡線など各地を走り巡ったSLが静態保存されています。


IMGP1197.jpg

月明かりに照らされ、夜空に浮び上がるC12-187号機。

現役を引退後、取り壊される者もいれば、こうして第二の生を受ける者もいる。

鉄道業界も様々なドラマが隠されていたりしますね。


8/24 水郡線 常陸大子にて

| SL・臨時列車 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |